FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス行け行け

はい。発売日に買ってどうも急ぎ過ぎたようで。
とりあえずの進行度の指標としては、マップ踏破率884.80%。あとは多分隠し部屋探しだけ。
ボスも多分あと2,3戦くらいしかないと思われます。何やってんだ自分ー!!

蒼真くんのシリーズじゃないからか、おぼろげに月下・白夜チックです。ザコの絶妙ないやらしさ(スケルトンの投骨の軌道がまた…!)とかボスのマッシヴさが特に。月下以来久しぶりに登場する敵もちらほらいます。サブウェポンも月下以来のキワモノが復活してたり。アグネアやビブーティももしかしてあるんだろうか…?(多分ない)

序盤はシャーロットがめちゃめちゃ強い、というかジョナサンが弱い。レイジングファイアの詠唱の速さ、コストパフォーマンス、ヒット数、威力と全てが便利すぎます。ジョナサンだと襲いかかってくるのにシャーロットだと「好きです!」とか言ってバラを差し出すという変なザコもいたりして。早くから属性のついた武器を使えるから斬打鞭に耐性がある敵にも強い。ホウキにまたがる魔女チックな2段ジャンプもラブリーです。

中盤過ぎると段々とジョナ比率が上がっていく感じ。ジョナサンのサブウェポンの経験値稼ぎという積み重ね要素が出てきますんで(貧乏性な僕だけか)。シャーロットは通常攻撃のリーチが短い&魔法は地上でしか詠唱できないって特性から、空中戦が苦手だってのも段々効いてきます。

終盤になってくるといよいよジョナる。ハイジャンプ(他の作品でいうとグリフォンのソウル(蒼真)、ロック鳥の羽(ネイサンとか)でできたやつ)ができるのもジョナサンだけってのはなかなか吉なのか凶なのか分かりませんが。属性つき鞭をはじめ、武器のバリエーションも増えますしね。サブウェポンの"ガード"の性能が鬼です。「耐えてみせる!」と熱く叫ぶ櫻井ロックマンX孝宏。通常だと30近くくらうマシンガン(!?)のダメージも3まで抑えたりしますんで、フランケンとのボス戦は正面きってのどつきあいに化す。拳に炎をまとった昇竜拳チックなハイジャンプもあわせて、今回のヴァンパイアハンターマジ熱血。

相方AIはあんまり敵の攻撃避けてくれないんで(HP・MPは2人共有で、呼び出した相方へのダメージはHPではなくMPにきます。つまりMPが尽きている状態では相方を呼べなくなる)、厳しいボス戦でも相方を呼び出す機会はなかなか少ないです。ボスのHPが前作より高めに感じるのは2人同時で攻撃するのを想定してるのかも。2人同時じゃないと解けないギミックはもう少し数増やしてもよかったんじゃないかなあ。特定の場所を越えるためだけにキャラ入れ替えを繰り返してると、SFCのがんばれゴエモン3を思い出します(おおこれもコナミだ)。
主人公を2人に分けたのって、白夜のジュスト君のスペルフュージョンが強すぎたからなのかしらん。というか操作が煩雑になりすぎるからかな。
プロフィール

ursla #BuKvbWWo

Author:ursla #BuKvbWWo
わるいことしましょう

最近の記事
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。