FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックマンゼロ3

ROCKMAN ZERO 3

筆者の今作の進行度:Sクリア。ラストステージのせいでアベレージ100達成ならぬまま

◆ゼロとオメガとダークエルフ◆
ロックマンゼロの世界はロックマンX世界の100年ほど後。ならばその100年の間には何が起こっていたのか?ダークエルフとは何なのか?どうしてゼロは眠りについていたのか?その辺りの謎を明かす、一応の結末というかケジメのような位置づけの作品です。実際は4でゼロシリーズは「第1部完」と相成るわけですが。
オメガなる強大な敵、それを操る科学者ドクター・バイル、この2人が謎の解明のための鍵として登場。オメガって言葉には色々意味あるからゼロと対比すると楽しいですよね。ゼロから始まるなんて言葉がある一方、オメガはギリシャ文字の末尾として「終端」なんて意味があてられていたり、ゼロが無を意味する一方でオメガは確率論では全事象を表していたり。言葉にするとちゃんとした対比になってない気もしますが。というか確率論だとゼロよりφなんて方がそういう意味ではふさわしかったりするのかな。エックスとシグマってのはもっとストレートな対比ですね。未知数と総和。ギリシャ文字って便利だぜ!

◆死なないサイバーエルフとサイバー空間◆
サイバーエルフを殺すことに抵抗をぬぐえなかったプレイヤーが多かったのか、一部のものは消耗アイテムではなく着脱可能な装備品のような扱いへと変化しました。そして使うと死ぬ系の一部のサイバーエルフも、サイバー空間では死ぬことなく自動的に力を発揮してくれるように。
まぁサイバー空間に入るとミッションでは軽く減点くらうんですけどね。果たしてエルフを使えなかったプレイヤーは、エルフが死ぬから使えなかったのか、ミッション評点が下がるから使えなかったのか。サイバー空間ってのはそれを見極めるために実装されたシステムなのかもしれません。そうして自省してみると、筆者はエルフが死ぬのが嫌だったんだと思いつつ実はミッション評点が下がるのが嫌だったんだと気づかされました。ステージ攻略中にサイバー空間に入ったことないですもの。

◆難度◆
使っても死なないサイバーエルフもそうですが、デメリットの一切ないパワーアップが相当可能になっています。空中でもう一度ジャンプできる、なんて能力も装備品で可能に。まぁそのアイテムは自分で探索して入手しないといけないわけですが。
そうそう、2までは経験値制で武器のアクションが増えていましたが、今回は最初から3段斬りもチャージもできるようになってます。だから序盤のステージでフラストレーションが溜まるって状況はずいぶんなくなったかも。序盤弱いゼロでどうやって攻略するか、ミッションの順番を考えるのも楽しかったのですが、まぁきっと普通はそんな要素は意地悪にしか見えないんでしょう。初回プレイのハードルを無闇に上げてるわけですし。
2にひきつづき、ミッション評点の平均値が高いままステージをクリアすればEXスキルも入手可。超強いです。今回はあるのとないのとでは難しさに差が出る気がします。烈風撃の威力は正直バランスブレイカー。ラスボス10秒クッキングにはかかせません。というか初プレイのときはサブタンクも全部費やして、それでもめりめり殺されてたのになんで10秒で屠れるほどになってしまったのか。ロックマンゼクスで裏ボスとして鬼のような強さになって帰ってきたのはきっと鼻歌交じりに虐殺されまくったがゆえですね。もしかしたらやりこんだらゼクスでも10秒フィニッシュできるのか。やりませんよ。

ステージは全体的に長丁場な印象です。そこまで敵は殺しにかかってきませんが、ミスの積み重ねで死ぬ状況が頻発するかも。
チルドレ・イナラビッタのステージはマップを完全に把握してないとミッション評点ズタズタどころかトゲ接触死しまくりになるのは想像に難くなく。のろまー。ヴォルティール・ビブリーオのステージは短いながらも、後半でドアの位置を覚える必要があるのがきつい。筆者が今作だけあまり外で遊ばないのはひとえのこのステージのせいです。というか色でドアを判別する系のギミックって大丈夫か。眼力には自信のある筆者でも青と緑の区別がつけづらかったですよ(しかもGBASPなんで光源があって視認性が比較的よいにも関わらず)。余談ですが、ゼクスのボスにプロテクタスってサイ型のボスがいます。そいつ赤青緑の爆弾ばらまくんですよ。色ごとに爆風の広がり方が違うんで、爆発するまでに色で回避場所を判別しないといけない、ってギミック。これ一応色弱者のことを考慮してあるのか、ちゃんと色だけじゃなくて一応爆弾の形も変えてあるんですよ。
中盤ミッションで、飛んでいくミサイルに乗り込んで進んでいくシチュエーションはバカ素敵です。どんどん燃料が切れた部分から切り離されていくんで緊迫感も抜群。ゼロシリーズのゼロはクールでもロリでもなんでもない。相変わらずの無鉄砲だぜ。

◆中古を買うにあたっての注意◆
今作はロックマンエグゼ4と連動してます。通信すると、エグゼ4にゼットセイバーなるバトルチップを転送することが可能です。そしてエグゼ側はちゃんと返すことも可能です。ゼットセイバーを転送済のゼロ3では、サイバー空間に出現する敵がエグゼのウイルスに変化します。
このシステムが何を意味するかというと、もし中古で買ったゼロ3がゼットセイバーを転送したまま売られたものの場合、元の状態に戻せません。んー。なんかショック与えるとかでメモリー初期化させちゃったりすれば戻るのかな?分からないけど。
箱や説明書がついてるかどうかはともかく、ソフト内のデータたるゼットセイバーの有無までお店はちゃんと気を配ってくれてたりするんだろうか。
大して攻略には影響しない変化ですが、ご留意を。

◆総括◆
これだけ易しくしたんだから、ここはもうちょっとひきしめてもいいよね?的に調整されてるような気がします。象徴的なのが隠しボスであるファントム。サイバー空間ではエルフが一時的に発動してくれることを想定して、猛烈な攻撃をかましてくるよう作られてる感じ。
ゼロシリーズ4作中では実は最も難度が低いですが、やっぱりロックマンゼロはロックマンゼロ。ステージ構造を把握しボスの各行動への対処法を練習しないとあっさり死ねます。火炎車!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ursla #BuKvbWWo

Author:ursla #BuKvbWWo
わるいことしましょう

最近の記事
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。