FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCURGE:HIVE

●10秒で分かる"SCURGE:HIVE"
・日本未発売の洋ゲー
・ジャンプ操作ありの2D「ゼルダの伝説」
・世界観は「メトロイド」

というだけでは身もフタもないので以下いつもどおりに。

筆者の今作の進行度:NORMALクリア。レベル53。プレイタイムは9時間6秒(最終セーブ時点)

●はじめての洋ゲー
ゼクスアドベント1日1マニアクリアも少し倦んできた矢先に店頭で飛び込んできた、ポニーテールのシルエットなパッケージ。お店のポップの妙なプッシュ文章に惹かれて裏面を見たらあらなんとドット絵2Dのアクションぽい。クォータービュー風味。いろいろな武器を使い分けて敵を倒せ!とかいう感じで。お手ごろ価格だったので一期一会の精神で即購入。はじめての洋ゲーです。やっぱりドット絵ゲーって今や日本以外の方が親しまれているのかしら。

●Jenosaのぼうけん
赤毛ポニーテールの妙齢乙女Jenosa(以下、当ブログでの呼称はジェノサさんとする)は宇宙を股にかける賞金稼ぎ。軍の依頼で、軍の研究施設に潜入することに。そこでは未知の宇宙生物:Scurge(スカージ?)についての研究をしていたらしく、そこに残っているデータを何でもいいからとにかく回収せよとのお達し。
そして研究施設のある惑星イノスに近づいたその時、宇宙船は謎の生物に襲われる!なんとか撃退はしたものの、ジェノサさんはその際にスカージに感染してしまうのでした。惑星にも無事到着はしたものの、これから無事にミッションを果たすことはできるのか!?
詳しいことは公式サイト見やがれ!つって、2006年あたりに発売されたはずなのにいまだに表紙だけで「COMING SOON!」ってどういうことじゃああ!あと、ゲーム本編のジェノサさんの方が3Dのヤツより1億万倍くらいかわいいと思うのです。

●基本システム
・ジェノサさんはさまざまな弾を発射できる(切り替える)ガントレットを装着。電気の弾はメカ系の敵に有効だけど、エネルギー系(炎をまとった浮遊物とか)にぶつけるとパワーアップさせてしまう、みたいな、状況による使い分けが必要になる。武器は進行に応じて少しずつ増えていく
・舞台はクォータービュー風味だけれど、移動操作はトップビュー風味(十字キーにそのまま対応しているので右押せば水平に右行くし上押せば真上行く)
・時間経過で感染ゲージが悪化、適度なタイミングで各地にあるセーブポイント兼回復ポイントで感染を初期状態まで回復させる必要あり
・感染ゲージとはまた別にHPもあり。感染ゲージが伸びきるとHPをどんどん消耗していく

ポニテでバイオスーツのジェノサさんはゼロスーツ状態のサムス・アランを彷彿とさせるぜ!(←多分禁句)サムスより表情豊かでくりっとしたおめめですけどジェノサさん。クォータービューなので高低差の把握に慣れが必要ですが、連続して足場を飛び移るような箇所での転落にも、そこまで大きなペナルティはないので、まぁ気にならない範囲かなと。
通常のステージ探索中はセーブポイントがたっぷりあるのでそれこそ素潜り感覚ですが、ボス戦になると感染ゲージが途端に時間制限と同じ意味合いを帯びるので緊張感バツグンです。

●日本語はないのです
3ヶ国語対応ですが、その中に日本語はありません。筆者フランス語もスペイン語もまったく読めないので、消去法で英語を選択。フォントが小さめなので、日本語版を出すのは大変そうだなあ。単語は高校でも習いきらないようなのが多いですが、ストーリーは単純なので、遊ぶ分には大して問題はないと思います。手に入るアイテムの使い方とかはちゃんと読む必要ありますが。

●物量作戦!
小さなザコがわらわら襲ってくる状況が多いです。通常弾ではさばききれないこともしばしば。弱点武器でまとめて片付けることを想定しているっぽいですね(弱点武器で攻撃すると、ヒット時に周囲に誘爆して連鎖するのだ)。中盤以降は2種以上の敵がいっぺんに現れるようになるので、どの武器を使うか考えながら戦う必要があります。どの敵も強化しないような武器を使う戦略か、かたっぽの敵に当ててしまうと強化してしまうけれども、もう片方の敵を素早く殲滅する戦略を選ぶか、てな具合に。

エリアには結構な高低差があるものの、一部のザコは結構ひょいひょいジャンプして段差を昇ったり降りたりして追いかけてきます。パイプぶら下がり状態のような、ジェノサさんが無防備になるタイミングでザコに襲われるとムキーってな感じです(ダメージを受けると落とされるのだ)。敵の行動パターンは基本的にジェノサさんに一直線で寄ってくるというもの。放ってくる弾もジェノサさんと同じ8方向に限定されているのが殆どなので、後半に突入する頃には若干単調さを覚えるかもしれません。50種以上の敵が出るよ!とパケ裏で宣伝しているのに少し寂しい。もうちょい誘導弾撃つ敵とか、距離を取ろうとする敵とか置いてくれていいのに。

●色々な武器を使い分けろ!
とはいえロックマンやゼルダの伝説みたいなキワモノ武器はなく、3属性(対バイオ、対メカ、対エネルギー)の通常軌道弾の使い分けが主です。超低温発生装置(周囲の敵を冷凍して、スイッチの重石にできる)や、ものを引っ張れるワイヤーなんてのもありますが、それらに関しても「意外な使い方をさせられる」箇所というのはありません。もっと色んな用途が欲しかったなあ。
でもそういう意味ではボス戦は工夫が凝らされています。通常の戦闘とは違ったトリッキーな一面を味わえてグッドです。

そうそう、ボスってまぁスカージの標本が凶暴化したものなんですけど、そいつらそれぞれに名前がついているんですよ。「マンドラゴラ」とか「ケルベロス」とか「ヘイムダル」とか。実にそれっぽい感じで宇宙生物しててイカしてます。出典の神話ごちゃまぜだけど、そんな感じが妙に好き。

●つまりどんなゲームかというと
スーパーファミコンの頃のアクションRPGです。ドット絵も可愛らしく、そこまでスカージどもも気持ち悪くない仕上がり。私、偏見でアメリカのキャラクターって妙ちきりんなマッスルかけばけばしい色使いのけばけばSDキャラばっかりだと思ってたんですけど、今作に関してはそんなことは全然なくって。
90年代のドット絵ゲームを今遊びたい、って方にお勧めです。

●蛇足
難易度は3つ。最初はNORMALしか選べず、NORMALクリアでHARDが解放されます。ところでその上にINSANE(狂気の沙汰!?)ってのがあるんですが…NORMALでも終盤は結構難しかったのに!
いっちゃん最後に"TO BE CONTINUED"って出てましたが、マジでしたらぜひ近接武器の追加&武器の用途追加をお願いしたいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ursla #BuKvbWWo

Author:ursla #BuKvbWWo
わるいことしましょう

最近の記事
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。