スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックマンゼロコレクション公式サイトの情報がえらいことになっている

発売日が6月10日となりました!

CAPCOM:ロックマン ゼロ コレクション 公式サイト


おお。よかったよかった。発売日未定とか言われたら「そのままオクラ入りか!?」ってモヤモヤ悪い方向に想像がいっておりました。
そんなことより!
前回(この記事公開時点では2010/04/16が最新なので2010/04/09)の公式サイト更新でSTORY & CHARACTERなるコーナーが追加されているのですが、なんかすごいことになっている。初作が8年も前であり、更に今回ゼロシリーズ4作をまとめて説明するという構図もあって、公式ながらも作中のネタバレが割とぽんぽん飛んでいるのです(ゼロ1時点でのエックスの動向とか)。それはまあいい。
以下引用元は略しますが、公式サイトFLASH内の文章を目視によってテキスト起こし。
宇宙から飛来した未知のコンピュータウィルスによりロボットが暴走・凶暴化するという事件が

「ロックマン10」の時期にエックスが作られたってわけですか。いや、ロボットエンザが宇宙から来たかとか分からないんですが(*1)。仮に「事件」が10と一致する場合はゼロが作られる時期と微妙に矛盾が起きるような(*2)。
世界征服を企むDr.ワイリーによりゼロが製造されるが、

いけません!(イイナズケに婚前エロス行為を施されそうになる深窓の令嬢のテイで)
いやー作中で一切語られていないどころか「ルパンを追っていてとんでもないものをみつけてしまった。どーしよー」くらいのわざとらしさで怒涛の状況証拠が提示されまくっていた(*3)ゼロの出自がこうもあっさりと、という。これが今回私にとって一番衝撃的でした。
ダイナモが旧型のコロニー「ユーラシア」を地上に落下させる。(略)汚染区域となった落着地点はエリア・ゼロと呼ばれ

「ロックマンX5」(のバッドエンディング)と「ロックマンゼロ4」が繋がっているという公式のお墨付き。ユーラシアの名前自体はゼロ4でも出てくるが、コロニー落とし事件のあらましと首謀者は一切作中で描かれてはいなかった(つまり、それまではゼロ4とX5はつながっていないパラレルワールドだ!という主張をするのも止めるのも、どちらも同じ程度に無根拠だった)。
ナイトメアウイルスが世界中に蔓延する「ナイトメア事件」が発生する。(略)それを受け人間政府はゼロの封印を決定するが

「ロックマンX6」(のゼロエンディング)がゼロ世界へのパラレルワールド(*4)分岐点であるという公式のお墨付き。ゼロ封印の原因はナイトメアウイルスだったのだ!…とするといつエックスとゼロはバイルとオメガを止めたんだ。ゼロウイルスのキャリアであるゼロを使ってでも止めるようなのっぴきならない状況があったのか。

作中で一切語られていない設定(語られているストーリーを繋ぎ合わせるとわりかし到達はしやすい(がしかしやっぱり作中では一切語られていないため今まではファンの想像でしかなかった))が少なからずメーカー公式で発表されているという事実が戦慄でした。ゼロシリーズのサントラとか見たらもっとぶっちゃけてドキュメンテッドされてるのかしらん。私はZXとZXAのしかサントラ持ってないからなあ。
ロックマンのシリーズ展開の恐ろしさを私は、わざと繋ぎ目を曖昧にしておいた設定の隙間を縫うように新しい枝を生やしていくセルフサービス伝奇メソッドあるいは秘伝のダシをつぎたしつぎたしメソッドにあるものと思っていたのです(*5)。今回のように容赦なく繋ぎ目を固めてしまうというのは未だかつて見たことのない流れなので、不安でないと言えば少し嘘かも。もっと平たく言うと、今回の公式設定でロックマンゼロコレクションあるいは以降の作品、はたまた関連づけられた過去の各作品に関して商売的にどう得するのか分からないのが不安です。たとえば、10はさておき、今更X5やX6を売りたいのか?とか。謎だー。ファンの想像のいちバリエーションでしかなかったものが公式となったのは、私にとっては「やっぱそーなんかー!まーそれでもええんちゃう?」てな感じで短絡的には得ではあったのですけれど。そうそう、ロックマンの恐ろしさはあえて言わないことでベタ展開を普通にやってのけるところにもあるんですよ。毎回毎回「どうせまたワイリーだろ」「どうせまたシグマだろ」を、あえて(「ロックマン6」のミスターXとか出して)隠しておいて、「やっぱりワイリーでしたー!」「やっぱりシグマでしたー!」をやるという。
なにはともあれ、シリーズ4作が全収録され、未来(アス)ではなく軌跡(レキシ)となったロックマンゼロコレクションは2010/06/10の発売です。オマケで海外版とか入ったりしないかなー。ボイスもメッセージも外国語で、赤いオイル飛び散らせて両断されるアニメが表現規制くらってるようなやつ(*6)。

(*1)サブタイトル「宇宙からの脅威!!」の割に、「宇宙からウイルスが飛来した」という描写が特にない。ラストステージは地球が球状に見え重力も小さくなるほどの超高層建築物の頂上だが、そこからばらまかれたのだろうか?ものすごく効率が悪くかつ夢にあふれる。
(*2)とはいえDr.ワイリーがゼロを作っていると思しき描写のある「パワーファイターズ」は舞台が「8の後」でしかないので、8→10→PFという時系列解釈であれば何も問題はない。あとフォルテ言うところの「髪の長いロボット」がゼロとは縁もゆかりもないとか、ゼロ製造期間がそもそもずうっとずうっと長いものであるとか、いくらでもなんとでも説明はつく。本文では素直に8→PF→10という立場を取った。
(*3)ウィキペドさんじゃないので全部挙げたりしない(できない)が、たとえば「ロックマンX4」のゼロオープニングでは、Dr.ワイリーに酷似したシルエットの人物がCV.青野武で語りかけてくるという、ゼロの見た夢の描写がある。初出という意味では「ロックマンX2」のシグマの断末魔「奴は最後のワイ…ナン…ズ」。
(*4)X7, X8では普通にゼロが登場する。X6のゼロエンディングで描かれているシーンが「いつ」であるかの解釈次第でパラレルワールド扱いしなくてもよいのかも。
(*5)「ロックマンDASH」すら時系列に入れようとする株式会社インティ・クリエイツの代表取締役社長とか。
(*6)私の想像であり実在の作品とは一切関係ない。

ロックマンゼロコレクションがいつの間にか延期していた


変更前)4月22日発売予定
変更後)発売日未定

CAPCOM:ロックマン ゼロ コレクション 公式サイト



なんだって!?
とにかくロックマンゼロシリーズはかっこよくてひどくて面白くてストレスフルで痛気持ちよさがシック・イン・ザ膏肓なほど癖になり、まとめて遊べる機会が来るなら嬉しいなと思っておりますので追加情報に耳をそばだてていきます。思い出補正が強い覚えゲーで今となってはあまり未プレイの諸姉にはフリーハンドでお勧めできるような作品ではないのですが私は大好きです。

ダライアスバースト

DARIUSBURST
公式サイト:http://www.taito.co.jp/csm/dariusburst/
筆者の今作の進行度:ハードモードで全コースクリア/ミッションは6-5が残った

●大往生したなどと誰が決めたのか
筆者2008年の10月にダライアス最終作が携帯機で遊べる時代などとGダライアスの紹介文を書いたわけですけれども。鬼が笑わず自分で笑う。最終作じゃなかった!!夢だけど夢じゃない!!2009年12月24日にダライアス最新作が携帯機PSPで遊べる時代がやってきました。それどころかロックマンも9が出たし今度10が出るって話じゃないですか奥さん。どうなってるんですか。ここで出ない出ないと言ったものがことごとく覆る。ロックマンX9なんて出ないよ絶対。出ないんだってば。嬉しくないこれからもずうっとドラえもんと一緒に暮らさない!!そうそうShantaeもDSiウェアで配信されるんスよ。NAIJ(not available in Japan)だけど。海外のゲーム誌でスクープされたっきり、公式サイトでも音沙汰ないですけど。Shantaeファンクラブ通信とか一切来ないですけど。ほんとどうなってるんですか。どんどん話がずれるので戻しますけども。
ええ、筆者エンターブレイン限定発売のサントラ・手ぬぐい(!)・公式設定資料集つきパックを購入しました。もう完売しているみたいです。そして北海道のゲーム屋さんによると、メーカー在庫が完売しています。ということは再生産されない限りは現状UMDパッケージ版のダライアスバーストは各々の店頭にあるぶんで終了なわけです。今作はUMD版とともにダウンロード版も販売されており、うっかり忘れていて買いそこねたうっかり諸姉におかれましてもうっかりアホみたいなプレミア価格を転売業者や中古業者に支払わなくてもうっかり定価にてご購入いただけるようになっておりますが、そうでない方々、ダライアスを知らずそしてうっかりこのサイトを訪れてしまったギガうっかり諸姉に対して今作をアピールする機会がオフラインにおいて大きく失われているのが痛い!(たとえば家電量販店でうっかりジャケ買いするなど)…ここは久方ぶりの更新でダライアスバーストのうっかり露出を僭越ながらうっかり増やしたいと思います。

●10秒で分かるダライアスバースト
・2D横スクロール非弾幕系STG
・初心者からスコア狂まで楽しめるリプレイバリューの高さ
・水棲生物型巨大戦艦どもとの対決めじろおし
はい10秒。というのは前回Gダライアスの記事からコピーして書き換えたものですが、2番目を書き換えました。前作Gダライアスは元がアーケード用だったこともあり結構突き放した難度だったのですが、今回はばっちり初心者をいじめないとっつきやすさ。クリアする充実感は強く、そもそもクリアできなくてもプレイは楽しく、できた上でハイスコア狙いなどの遊び方の模索は茨の道。デフォルト難度はノーマルですが、イージーに変えてもちゃんとノーマルのエッセンスを保ったまま楽しくイージーになっています。スーパーマリオブラザーズ、ゼルダの伝説などでおなじみ任天堂の宮本茂がいろいろなインタビューや対談で何度も言っている通り、

たとえばひとつのアクションがあって、それはカンタンにできるとします。それとは別のカンタンにできる操作がある。でも、そのカンタンにできるようなことを「2つ同時にしろ」と言われるとなかなか難しいんです。


本作のイージーとは正に複数同時にこなさなくてはいけない部分をギリギリまで削ぎ落としたことで作られたものです。それに慣れればノーマルどころかそのうちハードだって怖くなくなる!怖いけど。

全5面(11ステージから樹形図分岐)計8体の水棲生物型巨大戦艦という構成は初代ダライアス(全7面26ステージボス11体)や旧最新作Gダライアス(全5面15ゾーン30分岐ボス15体30種)と比べてしまうと若干ボリュームは少なく寂しいものの、その攻略はひとつとして似ず多彩。筆者いまだにダライアス外伝はプレイ回数が少なく、どのステージがどんなところだったかを全然把握できていないし自力ではまだプリックリーアングラーも倒せない体たらくですが、今作ではストレートに「樹形図で上にあたるステージほど易しい」というルールになっており、その面では気後れしないとも言えます。それに1プレイ最大5面は決して短くありません。決してラクではありません。決して楽しいし決して濃密です超決して保証します。

●バースト
ナンバリングでもなく外伝でもなく、なぜかタイトルに冠されたバースト。何かと申せば今回プレイヤー機シルバーホークに搭載された新兵器の名前であります。楚人といえばアホの代表格だと漢文で習った覚えがあるのですが、西暦2009年のイエス様バースデー前夜をもって名誉もばっちり挽回だし汚名もきっちり返上。バーストとは貫けざるものなき矛、通す武器なき盾。かの武器商人がひさいだ「矛盾」を素晴らしい意味で体現してしまった存在なのです。矛盾はほんとにあったんだ!父さんは嘘つきじゃなかったしバルスバルス!!
シルバーホークは敵に攻撃を当てることでバーストゲージを充填でき、それを任意のタイミングで消費することにより一条の必殺光線「バースト」を放てます。威力たるや、耐久力のないザコは貫通、あってもゴリゴリ削る。しかも通常攻撃と違って、ほとんどの敵弾を消去します(ん?ほとんど?)。発射方向はシルバーホークとの相対位置によって調整可能なので、前に向ければ先手必勝の槍となり、画面を割るように置けば堅牢な壁となるのです。割とバーストゲージはすぐ減っていくので乱用はできませんが、先ほど敵に攻撃を当てることでバーストゲージを回復できると書きました。その攻撃にバーストも含まれているというのがミソです。そして敵弾の消去も更に勘定に入る。つまり、敵が多く攻撃も激しい危険な状況で、バーストは持続時間も延ばせるしその威力を最大に生かせるのです。相手が強ければ強いほど硬さを増す夢の武器といえましょう。実際ステージが進むにつれ、あるいは難度を上げるにつれ、バーストを生かした戦法によって切り抜ける状況がどんどん増えていくようになっています。バーストは決して虎の子ではありません。消費は激しいですが回復も早いので、惜しまずガンガン撃つのがポイントです。
武器商人の口上に、ある人が空気を読まない質問を投げました。「その矛でその盾突いたらどうなんの?」バーストは強力な兵器ですが、元々は敵勢力ベルサーが開発したものをシルバーホークに積んだという経緯があります。だもんで各ステージの最後に待ち受ける大型戦艦も当然例外なくバースト砲を装備しています。サイキョー矛とサイキョー盾ぶつけたらどっちが勝つ?楚人じゃないダライアスバースト答えていわく「タイミング次第!!」と。前作Gダライアスではビーム同士を絡めてボタン連打することにより圧巻のカウンタービームで大型戦艦を沈めるのがウリでした。今作は連打など不要です。全ては一閃、相手のバーストに向けてバーストを撃ち返すことにより、サイキョー矛も砕き折るカウンターバーストで敵を貫けるのです。もう楚人の雪辱ここに極まれり。タイミングは割とシビアで、慣れないとなかなかカウンター発動とはなりませんが、コツをつかめば逆に失敗する方が難しいくらいになります。というのは過言ですが、ほんとに慣れとしか言いようがない。Gダライアスのカウンタービームはタイミングこそシビアではありませんでしたが、相手がβビームを撃つまでαビームの材料であるキャプチャーザコを保ち続ける(自機アウトはもちろん、キャプチャーザコが壊れるまで被弾させてはいけない)というまた別の障壁があったわけです。ゲージがある限りカウンターのチャンスがある今回こそ逆転しやすい。
カウンターできなくても、敵バーストはバーストで遮断できるので防御として十分役に立ちます。バーストを発射しながら暴れまわる一部ボスにはリスクを避けて防性バーストを置くもよし、ハイリターンを期待してカウンターバーストを狙うもよし。ちなみに解説書の説明を抜き出しますと、
敵がバーストを使う瞬間に、敵のバーストを受ける位置で×ボタンを押してください。やや慣れが必要です。

DARIUSBURST PLAYING MANUAL P13


このアッサリさ。やや慣れが必要ですって、「詳しい条件は自分で探せ」の雅語表現ですよ。公式に取説がこんななんで私としてもこれ以上の詳述は避けます。本作の敵耐久力はカウンターできることを前提としないバランスなので、諸姉におかれましても試行錯誤を繰り返していただければと思います。筆者もカウンターバーストをまともに発動できるようになったのはノーマルクリアも慣れてきてハードに手を出すかくらいのタイミングでした。それが楽しいんですよ!この模索してるときが!インターネットで検索すると多分一発ですが、あえて検索しないでいただきたい。

●ラブリー水棲生物型巨大戦艦
シリーズのシンボルともいうべきシーラカンス型最新作「アイアンフォスル」を筆頭にそれはもう動く動く。名前も造形もカッチョイイ。脊椎無脊椎魚類哺乳類それはもう暴れる暴れる。動きもよく練られており、最初は「覚えるまでてんやわんや」の強大な力でありつつも慣れれば舞い討ちできる解の存在に気づくと気持ちよさは16倍。
そしてハイスコアを狙いはじめると、今までむしろ簡単だった序盤のボスがこそ牙を剥くというニクい作り。たとえば2面という序盤に控えるボスであるマッドホイールで稼ぐことを考えはじめたとき、自機狙い破壊不能弾まみれ+ショートレーザーばらまきという終盤もかくやの鬼攻勢が立ちはだかることを思い知らされ愕然としました。最初はバーストで押せ押せに勝てたというのに。初心者から末期患者まで広くカバーするリプレイバリューの高さと言えます。そもそもラスボスクラスになると稼ぐことを考える余裕もありませんが。

●一切手加減しないミッションモード
また猿楽庁かと八つ当たりにも等しい呪詛のひとつでも投げたくなるような突き抜けた難度が待つ。指定された武装の機体で指定されたステージをクリアするモード。「極めるとここまでできるんだよ」ということを知らせたくてニコニコしている製作者の顔が蜃気楼の彼方に浮かぶような気もしなくもなきにしもあらずんば虎子を得ずな作りでもあります。「このボスはこの武器だと楽できるところがある」とか「レーザーをバカにすんな」とか「バースト?飾りだろ?」みたいなメッセージを受け取りました。素材は半ばアーケードモードと同じなのに全く違う楽しさを持っています。慣れると鼻歌まじりにラスボスを沈めたりできます。慣れても筆者はまだミッションモードを全クリアしていませんが。
ミッションモードでしか聴けない曲もあったりして、こだわってるなーという感じ。各レベルをクリアするごとに作中の3Dモデルや設定資料などが開陳されていき、ラブリーおさかなを思う存分見られるようにもなるって寸法です。欲を言うと3Dモデルを自由に動かせたらもっと嬉しかったなあ。

●ガンガン撃てるバーストモード
武装固定の機体で課題をクリアするミッションモードとは対照的に、バーストモードというものもあります。武装は最初から最強かつLRボタンで変更可、バーストゲージは時間経過でも回復というお大尽っぷり。難度こそハード固定で残機もゼロというスパルタンですが、とにかく過激に!オラオラぶちかませ!!な構成になっています。アーケードのノーマルに慣れてきた辺りで挑戦してみるとよいかも知れません。バーストゲージの時間回復がいい具合に各ボス戦でのカウンターバーストの練習にも使えるんですよこれがまた。

●グラフィック&音楽
ゲームアーカイブスで非ドットバイドット表示のGダライアスに慣れた目には若干弾が小さいかな?くらい。ステージは美しくかつ地形もちゃんと見失わないようになっておりナイス。
音楽はダライアス外伝の薬物ガンギマリ、Gダライアスの血と肉鉄塊でげっちょげっちょ祭りとはまたイメージを異にした、架空のアジア文明が底流にあるようなこれまたイカした風になっており、シルバーホークの戦いを勇ましく時に悲壮感をもって彩る。筆者速攻でサントラを購入しましたが、日々電車の中でダライアスバースト→疲れたらダライアスバーストサントラ聴取→一息ついたらダライアスバースト という鬼ヘビーローテーションをキメており、耳にイヤホンが刺さっていなくとも勝手に"Abyssal Holic", "Hinder Three"などが脳内で更なるヘビーローテーション。
各ステージの演出も音楽に合わせて作られているので、やたらこっちも武器を乱射してやかましい音を立てるのではなく、「聴けるところはしっかり聴いておこう」という美学を自然と刻み込まれる一面もあり。2面で軌道エレベーターを抜けた瞬間の静けさ、3面でボスがバーストを撃つところのメブラーナ教徒もかくやの回転大盤振る舞いっぷり、最終面の盛り上がりとどれもいちいち響きます。でも各SEがなくてはやはり少し物足りなくなってくるのが素敵。

●そんなわけで
久しぶりの更新となりました。買ってから今日に至るまでずっと携帯機はこれ一本の生活です(据え置きに関してはちょこちょこ買ってるけど)。リアルタイムで初めて出会えたダライアス、さすがだぜ!!

しゃんたえファンクラブ通信('09冬号)とどいたよ

Shantae_Fanclub09Winter
来た。来た…!キタァーーーーーーーーッ!!!
英語苦手なのでゆっくり読むことにします。読めたら適当に紹介しまっせ。

…あ、この記事がブログのトップにきたら今度はこの記事がスパムコメントにさらされるのか…まあいいや。

(つづき)
今回はWiiWareでWF社がリリースする作品「LIT」への喜びが大半を占めている、というか自社単独で作品を出せる(無形だからパブリッシャにお伺いを立てなくても売れるのだ)ことに興奮している感。というか2009/2/9にリリースしたようです。残念ながらノットアヴェイラボーインジャパーンです。
流通を通さなくてもソフトを出せる!ハレルーヤ!!ならShantaeも…?と思いきや今回は魔人娘についてのおはなしはナッシン。代わりに最後に謎の少女の一枚絵(残念なことに、wayforward altaくらいの語句で検索するとファンクラブ会員以外の方でもご覧になれるニュースサイトがございます)がどでーんと。誰だこいつー!!待て次号!!てな具合。
LITがWiiWareなら、ほかの作品もDSiWareだのXBLAだの、そういう無形リリースで実現するという方向に舵を切っていくのかもしれませんね。しかし余計に日本在住の私には厳しい。めでたくもありさびしくもある。
次号は来年のお正月くらいかしら。

スパムが多くてきついです

「エントリ番号1番の記事」と「最新の記事」に執拗にエロ誘導の投稿がなされるので、コメントを承認制に変えます。
即時反映じゃなくなるイコール心理障壁超でかくなる、という認識なので、効果としてはほとんどコメント不可と同じようなものになりそうな気もしますがエロ誘導の投稿がウチに残るのも嫌であり、今回はそっちの勝ちということで。世知辛い世の中じゃのう。
プロフィール

ursla #BuKvbWWo

Author:ursla #BuKvbWWo
わるいことしましょう

最近の記事
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。